information

2022/06/17日焼け止めは多機能時代に。トーンアップから話題のシカ成分まで韓国多機能日焼け止めを紹介!
イメージ画像

夏が近づき、そろそろ本格的に紫外線対策をはじめる方も多いはず。最近は、紫外線カット効果はもちろん、さまざまな機能をプラスした多機能日焼け止めが続々と増えています。 そこで今回は、人気韓国コスメの優秀日焼け止めをご紹介。さらに、今ジワジワと注目を集めるサンクッションについても解説しますので、今シーズンのとっておきを見つける参考にしてください。

目次

日焼け止めの効果とは?

まずは紫外線についておさらい

地上に届く太陽の光は、可視光線、赤外線、紫外線の3種類。そのうちの紫外線は波長の長さによって紫外線A波、紫外線B波、紫外線C波の3つにわかれ、紫外線A波と紫外線B波の2つが地表に届くといわれています。それでは紫外線A波とB波それぞれの特徴を詳しく見ていきましょう。

■紫外線A波
波長の長い紫外線A波は地上に届く紫外線の約9割を占め、真皮まで到達します。別名「生活紫外線」とも呼ばれ、日常生活の知らない間に浴びることで肌に蓄積し、しわやたるみなどの光老化を引き起こす原因となってしまうのです。

■紫外線B波
紫外線B波は地上に届く紫外線量は少ないのですが、エネルギーが強く散乱性が高いため、あらゆる方向から肌に到達します。たとえ浴びる時間が短くても表皮にダメージを与え、日焼けによって皮膚が赤く炎症する「サンバーン」や皮膚を黒くする「サンタン」を引き起こしてしまうのです。
 

日焼け止めは美肌を保つために欠かせない

浴び続けると肌に大きなダメージを与えてしまう紫外線ですが、日焼け止めを塗ると肌への侵入をシャットアウトできるため、サンタンやサンバーン、光老化などの防止が期待できます。また、紫外線は浴び続けるとメラノサイト自体の数が増え、シミだけではなく皮膚ガンになるリスクも高くなってしまいます。そのため、美肌を保つのはもちろん、皮膚の病気を防ぐためにも日焼け止めの重要性は高いといえるでしょう。

日焼け止めは季節や天気に関わらず塗ることが大事

紫外線対策を、夏や晴れたときにしかおこなっていないという方もいるかもしれません。紫外線B波は夏の7月〜8月をピークに量が増え、冬になると一気に減りますが、紫外線A波は4月〜9月までピークが続き、冬の時期でもピーク時の半分程度にしか減りません。また、快晴時の紫外線量が100%だった場合、曇りの時は60%程度、雨の時でも30%程度降り注いでいるといわれています。日差しがなくても紫外線量が0になるわけではないので、季節や天候に問わず日焼け止めは毎日塗るようにしましょう。

日焼け止めの正しい選び方

SPF・PA値はシーンや季節によって選ぶ

日焼け止めは、紫外線を防ぐ効果をわかりやすく「SPF・PA値(サンケア指数)」で表記しています。アイテムを選ぶ際は、使うシーンや季節ごとに合ったサンケア指数のアイテムを選ぶようにしましょう。SPFは紫外線B波の防止効果、PAは紫外線A波の防止効果を表します。

・日常使い(散歩や買い物など):SPF20・PA++程度
・屋外での軽いスポーツ、軽いレジャー:SPF30・PA+++程度
・炎天下のなかでの海や山のレジャー:SPF50・PA++++

使いやすいテクスチャーで選ぶ

日焼け止めと一口にいってもさまざまなタイプがあります。それぞれ使用感が異なるので、使いやすく塗り心地のよいものを選びましょう。

・乳化タイプ:密着力が高く、耐水性に優れているものやサンケア指数が高いものも多い。
・ローション、ジェルタイプ:みずみずしくつけ心地が軽いものが多い。白浮きしにくいのも魅力。
・スプレータイプ:背中など手で塗りにくい部分も手軽に使える。塗り直しにも便利。
・スティックタイプ:部分的な使用にぴったり。手を汚さないで使える。
・シートタイプ:携帯しやすく外出先の使用に便利。

肌が敏感な方はやさしいものを選ぶ

肌が荒れやすい敏感肌の方は配合成分などを見極め、刺激が強いものは避ける必要があります。日焼け止めでは、紫外線カット剤の種類を確認するのも1つの手です。紫外線カット剤は、化学反応で紫外線を別のエネルギーに変換してカットする「紫外線吸収剤」と、物理的に反射ではね返して紫外線をカットする「紫外線散乱剤」があります。紫外線吸収剤は白浮きしにくく塗ったときのきしみ感が少ないのですが、アレルギー反応を起こす方もいるため、敏感肌の方は紫外線散乱剤を使っているアイテムを選ぶのがおすすめです。

美肌を叶えたい方は多機能日焼け止めがおすすめ

最近の日焼け止めは紫外線カットだけではなく、肌の保湿ケアをしたり、メイクアップによってトーンアップさせたりと多機能なアイテムがたくさんあります。紫外線対策以外に乾燥対策や美肌対策なども同時に叶えたい方は、複数の機能がプラスされた多機能日焼け止めを選ぶのもおすすめです。

韓国コスメの優秀人気日焼け止め4選

自然な透明感をプラスするダルバのトーンアップ日焼け止め

【d’Alba ウォータフル トーンアップ サンクリーム】肌を自然に明るく見せるトーンアップタイプの日焼け止め。みずみずしいテクスチャーで伸びがよく、ハリのあるツヤ肌へと仕上げます。SPF50+・PA++++の紫外線カット効果があり、炎天下でもしっかりと紫外線対策できるのがポイント。動物性成分不使用のヴィーガン処方なので、肌にだけでなく環境にも配慮しながら使えるのは魅力的です。

刺激を受けやすい肌にも使いやすい!シカ成分配合の日焼け止め

イメージ画像

【espoir ウォータースプラッシュ シカトーンアップクリーム】1つで紫外線カット、化粧下地、鎮静ケアを叶える日焼け止め。ビタミン由来のピンクカラーがメイクアップ効果で肌に透明感と明るさを与えます。また、鎮静効果のあるシカ成分を配合しているので、外的要因によって刺激を受けた肌を落ち着かせ、整えてくれるのも魅力です。

健やかな肌に整える成分が配合!程よいトーンアップも叶う日焼け止め

イメージ画像

【Dr.G グリーンマイルドアップサンプラス/ブライトニングアップサンプラス】紫外線だけではなく、ブルーライトや赤外線、大気汚染からも肌を守る日焼け止め。紫外線吸収剤不使用なので、敏感肌の方にもやさしく使えます。配合成分には肌を落ち着かせるツボクサエキスやドクダミエキス、健やかに保つピクノジェノールやプロビタミンDを含んでいるため、同時にケアもできるのが魅力です。使用感は軽くベタつかないのがポイント。高密着のクリームが肌にピタッとフィットし、ほんのり肌をトーンアップしたように見せてくれます。肌にやさしい多機能日焼け止めを探している方におすすめです。

ヴィーガン処方ながら高い紫外線カット効果を叶える日焼け止め

【ma:nyo アワーヴィーガン サンフルイド グロー】メイクアップ効果で、ほんのりピンク肌にトーンアップする日焼け止め。動物由来成分を一切使用しておらず、フランスの認証機関からヴィーガン認証も取得しています。ナノ粒子不使用で紫外線を反射させてカットするので、肌への刺激が心配な方にもおすすめです。うるおいながら表面がサラッと仕上がる使用感は、ストレスなく快適に使用できます。

最近はクッションタイプの日焼け止めも人気

今注目を集めているのがクッションタイプの日焼け止め。付属のパフを使うので、手を汚さず塗れるのが魅力です。メイク下地としてはもちろん、塗り直し用としても使えます。紫外線をしっかりと防ぐためには、日焼け止めは2〜3時間おきに塗り直すことが大切です。クッションタイプなら持ち運びも便利でメイクの上からでも手軽に使えるので、1つ持っておくと重宝しますよ。

まとめ

美肌だけではなく、肌の健康を保つうえで切っても切り離せない紫外線対策。最近はさまざまな機能がプラスされた多機能日焼け止めが数多く展開されており、韓国コスメからも優秀なアイテムが続々誕生しています。今年のお気に入りがまだ見つかっていない方は、今回の記事を参考にしてみてくださいね。